小学1年の息子が通う学校の下校時刻は15時頃で、そこから通学路を歩いて15〜20分くらいかかって家につくのですが、私が行けるときは通学路の途中まで、徒歩で迎えに行って一緒に帰宅します。
このお迎えは、息子が嫌がるまでやろうと思っています。
先日もいつも通りにお迎えに行こうと思ったら、3歳の娘も一緒に行くというので手を繋いで通学路の途中の、いつも待っている待機所へ行くとお迎えのママさんはいないし、息子たちの影も形も全く見えません。
そのまま娘と一緒に待っていましたが、この日は暑くて娘はじっと待つことができなかったので、15分くらい待ってから諦めて帰ることにしました。
帰る途中でお迎えに来たママさんに会ったので、子供たちはまだ来ないことを話し、帰宅しました。
するとその40分後にやっと帰ってきて、なぜこんなに帰りが遅くなったのかを聞いたら、集団下校中に友達が別の友達をふざけて小突いたら、小突かれた子は転んでケガをしてしまったとのことです。
このことで先生を呼びに学校へ戻ったりして、帰りが遅くなったとのことです。
そういうことなら帰りが遅くなったのは仕方ないのですが、私自身がもっと長い時間通学路の途中で待っていたら、もっと早く対処できたかもしれないと思うと悔やまれます。キレイモ