今日の我が家の地区はプラスチックゴミの日でした。
いつもゴミの日の朝すぐに出せるように前日の夜から玄関にまとめてゴミを置いておく我が家ですが、プラスチックごみは量も少なくとても軽いです。
娘がいつもゴミ出しを手伝いたいとアピールしますが、保育園行く前に服を汚しても嫌だし、燃えるゴミの重量も重たいので頑張って説得して諦めさせていました。
しかし、今日はなぜかしきりにゴミを持ちたがり、ダメというと座り込んで泣き始めてしまいました。
このままでは仕事に間に合わないと焦った私は今日のプラスチックゴミならいいか…と持たせて見ることにしました。
エレベーターでとても嬉しそうにゴミを持つ娘が1階のゴミステーションに着いた時に同じマンションの住人に遭遇。
「偉いね?小さいのにちゃんとゴミ出しするんだ」と褒められて嬉しそうにドヤ顔をしていました。
何もできないと思っていた2歳児ですが、少しずつ大人の真似をする事を覚えて子供の成長を感じられた1日の始まりでした。