Month: 12月 2017

勤め関係段取り法のことや報告と介入などの振舞い

労働三法などについて勉強しました。販売要因取りまとめ法(1946時世開設)は、販売組織法とあいまって販売関係の公正な取りまとめを図り、販売争議を警備または解決して事業の和やかを維持することを目的として定められたものであり、争議の解決をはかる執り成し・介在・仲介・エマージェンシー取りまとめなどについて規定しています。エマージェンシー取りまとめは、争議動作が公益職種に関する物や、争議レベルが幅広いために住民景気の運転や国民のライフスタイルをおおきく損じる恐れがある場合には、内閣総理大臣は中位販売委員会の説を聴き、エマージェンシー取りまとめを決定することができるそうです。執り成しとは、販売委員会が指名した執り成し員が争議当時パーソン日にちの争議の解決を援助する結果あり、介在とは販売委員会に設けられた介在委員会か介在企画を作成し、双方にその受諾を勧告する対策だ。また、仲介とは販売委員会が販売争議の解決のための仲介断定を下す対策だそうです。このことを勉強して、ますます細かく勉強したいなと思いました。http://www.infocarte.org/datsumolabo-tsudo.html

盛り上がっている男子テニス界を台無しにする不正発覚

錦織選手の活躍をきっかけに、徐々にではありますが伊東選手、ダニエル選手など錦織の後に続く若手が出始めてきた日本の男子プロテニス界ですが、激震が走っています。なんと三橋淳元選手が八百長に手を染め、テニスの不正監視団体であるTIUから永久追放処分とされてしまいました。八百長をはじめ、禁止されているスポーツ賭博にかかわった回数が76回にのぼるという事で、TIUからの事情聴取等も拒否をし、永久追放プラス罰金という処分になったようです。私自身はこの選手の名前は初めて聞きましたが、ジュニア時代にかなり成績もよく錦織選手ともダブルスを組んだことがあるようです。現在はプロとして活動していないようですが、せっかく盛り上がってきた日本男子テニスに完全に泥を塗る形となってしまいました。以前、ジョコビッチ選手も八百長を持ちかけられたことがあるという話をしていましたが、1対1のテニスの場合、チームスポーツに加え八百長がやりやすい環境なのかもしれません。こういったことが続くとテニス人気そのものにも影響が出てくる結果になりかねないので、選手のモラル強化が一層重要になりそうです。今後後に続く選手が出ない事を祈るばかりです。