Month: 6月 2018

習い事の時間を変更してもらう事ができました

娘が幼稚園の頃から通っている英語教室では小学生クラスはだいたい2学年ごとで習うシステムとなっていて、現在2年生の娘はたまたま同じ2年生の女の子6人とレッスンを受けることになりました。レッスンの時間は、先生が年度末に他の生徒さんとの兼ね合い等を考えて曜日と時間を決めていますが、1年生の頃は16時40分スタートでした。2年生になる今年度は昨年度と同じ曜日の16時15分スタートという連絡をもらっていました。ところが、その曜日は2年生から6時間授業となることが分かり、急いで先生に連絡をしました。
とりあえず、最初のレッスンは16時15分スタートで他の生徒さんの保護者の方に聞いて時間を変更しますという返事をもらいました。そして、レッスンの日娘は16時10分に自宅へ戻ってきました。車で10分弱なので当然遅刻。先生が他の保護者の方に聞いてくれた結果、実は同じ小学校の生徒さんもいて16時30分からスタートにずらしてもらうこととなりました。個人教室なのでこういう時は融通が利いてありがたいなと感じました。

またしても止まってしまった東京急行電鉄田園都市線

東京急行電鉄、略して東急。田園都市線、略して田都。そんな東急の田都が止まったという。しかもツイッターでちょっとした話題どころかテレビのニュースで大きく取り上げられていた。関西の阪和線や東海道線もよく止まるなとは思っているが田園都市線はそれより上なのかもしれない。それ程によく止まったというニュースやつぶやきをみる。何故ここまで止まるのかというと、田園都市線の設備は老朽化が激しく、メンテナンスが追いついていないんだそう。東急は関西でいう阪急のような会社で、どちらかというと高貴な、華やかな会社のイメージなのにこんな事が続くのはイメージダウンでしかない。鉄道会社の中でも旅客輸送を担う東急、その中にある田園都市線でこんなにも人を運ぶ事が出来ないなんて滑稽ですらある。東急側も儲かる路線以外になかなか回すお金もないなんて言い分もあるかもしれないけど、これではブランド力が落ちたりしてほかの分野にも悪影響が出てしまう。更には大都会東京の路線が止まれば日本経済に影響だって与えてしまう。東急はほっといたって東京に人口が増え続ける今のうちに転換を図らないと東京に陰りが見えでもしたら大変な事になってしまう。早くちゃんとした設備を備えて欲しい。