ホームで日本を1-0で撃破し予選突破を決めたサウジアラビアも本大会ではほぼ予選リーグ敗退だと思うので喜びも今がピークみたいな感じなのでせいぜい騒いでおけばいいと思いますが、周囲が歓喜乱舞する中監督のファンマルバイク氏だけは冷静に自が解任される日のことを考えているような気がしました。
予選リーグ惨敗に終われば敗退後に解任される可能性はかなりあるからです。
ファンマルバイク氏はオランダを率いて準優勝した2010年南アフリカW杯以降、主にクラブチームで指揮をとってきましたが目立った成績を上げられませんでした。
酒井高徳所属のハンブルガーSVでも短期間で解任されています。
ですから類まれな指導力というよりいい選手に恵まれれば良い成果が残せるような監督ではないかと思っていたのでサウジを引き受けて果たしてどうかなと疑問でした。
ところがアジア最終予選2位通過ですから成果は十分得られたのはないでしょうか。
なので例え解任されても本大会へ導いたのは俺なんだと堂々と去れるはず。
そしてロシアの次はカタールですがまだやる気があれば再びオランダ代表監督のオファーが来るのをゆっくり待つのもいいと思います。マイナチュレシャンプー 激安